全2件

海の唄がきこえる中巻

海の唄がきこえる中巻

千崎海斗(せんざきかいと)は、その喉に‘千寿桜(せんじゅおう)’と呼ばれる小さなアザを持って生れた。
千崎家では、そのアザは忌まわしい呪いの印とささやかれ、恐れられている。
海斗が17歳になった頃、巷では「ミイラ殺人事件」と呼ばれる怪奇殺人事件が頻発し、人々は得体のしれない恐怖に怯え始めた。
そんなある日、海斗は幼い頃に出会った少女・美羽(みう)と再会する。海斗の喉のアザ‘千寿桜’が疼き始める。
止まっていた時計の針が進み始めるように、海斗の運命が静かに滑り出した…。
伝奇小説タイプのオリジナルビジュアルノベルゲームの中編です。

海の唄がきこえる 上巻

海の唄がきこえる 上巻

千崎海斗(せんざきかいと)は、そのノドに千寿桜を宿す忌避の直系として生まれた。
海斗の住む土地では、「ミイラ殺人事件」と呼ばれる怪奇殺人事件が巷を騒がせていた。
人がミイラのように干からびて発見されることから、そう呼ばれている。
そんなある日、海斗は美しい少女・美羽(みう)と出会う。
ノドのアザが、チリチリとうずき始める。海斗の平穏な日々が終わりを告げる…。
伝奇小説タイプのオリジナルビジュアルノベルゲームです。

ジャンル
発売日 2011年3月21日
シリーズ
メーカー
全2件

© えろ動画データベース 2016

WEB SERVICE BY DMM.com