全2件

物乞いのサキュバス母娘を見つけたから苛めてやることにしたWw

物乞いのサキュバス母娘を見つけたから苛めてやることにしたWw

これは無数のセクサロイド達が地球に現れた世界の物語――――
男性に精を恵んでもらえず貧困に喘ぐサキュバス達。
サキュバスの母娘「アリエル」と「カミラ」も住む家は疎か今日食べるものも何もない、
そんな身寄りのない彼女たちはある男性に出会ったことで何度も泣かされる事に…

■ストーリー■
異星人からセクサロイドが送り込まれ続け100年の年月が過ぎた。
彼らの目論見通り人類の男性はセクサロイドに陶酔し
人間の女性への興味が薄れた事で少子化が加速していった。
様々な対策を講じているが
今もじわじわと滅びへの道を歩み続けている。
だがセクサロイドに居場所を奪われたのは人間の女性だけではない
架空の存在と思われていたサキュバス達もだった。
男性に相手にされず精を恵んでもらえなくなった彼女達は
生きるためにゴミをあさり、乞食をして飢えを満たす他に方法が無かった。
――――

「ママぁ…お腹空いたよぉ」
「ごめんねカミラ
きっともうすぐご飯貰えるから…、駄目なママでごめんね…」
サキュバスである私、「アリエル」は娘の「カミラ」を養うために
夜の路上で必死に頭を下げ乞食をしていた。
私には住む「家」も、今日食べる「ご飯」もなにもない
「親」もいない、「お金」もない
「学」もない、「仕事」もない
「明日」さえあるか分からない…
沢山の人が目の前を通り過ぎていく
こんなにも人がいるのに私達は誰の目にもとまらない。
この街には私達の居場所はない
私達が死んでも誰も悲しまない、その事実が痩せた身体から気力をも奪っていく。
(もう私達、駄目なのかも…)
心が折れ始めていたその時、私達の前に一人の男性が膝をついた。
「二人とも、良かったら今夜うちに泊まるか…?」
そう話す彼の表情はこの街で見た誰より優しくて、誰よりも傷ついていた…。

※本編にヒロインへの暴力的な行為は一切ないのでご注意ください

■内容■
基本CG56枚
本編586枚+文字無し501枚+おまけ(宣伝作品含む)197枚+表紙1枚=合計1285枚

PDF版も同梱されています
CGサイズは基本1500×2000です

性処理メイドの冥ちゃん

性処理メイドの冥ちゃん

これは無数のセクサロイド達が地球に現れた世界の物語――――
セクサロイドの影響で人口が減少し続ける現状を打開しようと
人類は産まれた女性全てに容姿を美しく成長させるチップを埋め込むことにした。
そんな効率化が全てと化した世界で暮らす少女の小さな物語です


■ストーリー■
異星人からセクサロイドが送り込まれ続け100年の年月が過ぎた。
彼らの目論見通り人類の男性はセクサロイドに陶酔し
人間の女性への興味が薄れた事で少子化が加速していった。
それでも人類は生き残るために道徳心を切り捨て
産まれた女性には外見をセクサロイド近づけるために制御チップを埋め込むことを義務化した。
これにより人類滅亡はしばらく先送りとなったが人口増加の効率を求め続けた結果
家族という形態すら非効率として廃退していった。
―――

どこにでもいる普通の美しい少女「栞冥」
彼女は「性処理学校」と呼ばれる学校に通っており
そこは人口の増加を担う「出産士」になるための学校で主に身寄りのない施設出身の少女達の進学先だ。
だが彼女は健康診断から制御チップの影響で子供が出来にくい体質であることを知る。
遺伝子を操作され本来の外見を知らず、施設に預けられ両親の顔も知らない
社会の期待にさえ応えられない。
『私って一体何なんだろう…』
自分の存在意義を失い思い悩む冥、そんな彼女にある「教育実習」を課せられる。
その教育実習で一人の男性と出会い彼女の物語は少しずつ動き始める…。
※今作は「物乞いのサキュバス母娘を見つけたから苛めてやることにしたWw」と同じ世界の物語です。
前作のキャラクターが登場しますが前作を未読でも問題なくお楽しみ頂けます。

■内容■
基本CG32枚
本編500枚+文字無し365枚=865枚+おまけ(落書き漫画、宣伝作品、資料集、etc.)

PDF版も同梱されています
CGサイズは基本1500×2000です

全2件

© えろ動画データベース 2016

WEB SERVICE BY DMM.com