全4件

いたずら好きだけど押しに弱い姉の話

いたずら好きだけど押しに弱い姉の話

「あ、慰めてくれたお礼に・・・キスでもしたげよっか~?」──
僕の姉はいたずら好きな一つ年の離れた女子学生。
同じく学生の僕は家賃の節約を理由にそんな姉とマンションの一室で二人暮らしをしている。

弟ということで気兼ねなくいたずらの標的にされるが、姉に密かに想いを抱いていた僕は
そのいたずらに耐え続けていた・・・が。

ある日、彼氏と別れた姉をなぐさめているとき想いを踏みにじられるような「いたずら」を
されてしまい、我慢の限界だった僕は「仕返し」と称して姉を○してしまう・・・。

気まずい関係になりながらも、僕の姉に対する想いは大きく、姉も次第に意識していく。

そんなときにお風呂場でバッタリ遭遇してしまい、一糸まとわぬ姉の姿に劣情を催した僕は
チ○コを完全に勃起させてしまう。

────「また・・・「仕返し」されちゃうの?」

誘われているのか拒絶されているのかわからない状態で、再び「仕返し」が始まる。
これまでいたずらに耐えてきただけだったけど、ひょっとして姉さん・・・押しに弱い・・・?

なし崩し的に姉と恋人になってからは、どんどんエッチなことに積極的になっていって・・・
裸エプロンで誘われたり、着衣フェラ、ガニ股セックスまで・・・??

ついにはお互いを求め合う関係になって、子作り膣内射精本気セックスまで・・・??

--------------------------------------------------

いたずらが好きだけど押しに弱い実姉となんやかんやあってイチャラブになってエッチしまくるCG集です。

【一喜(かずき)】
弟、基本的には冷静でパソコンいじりが趣味な男子学生。

一途で姉に対して十余年以上片想いをこじらせている。
姉に対して「男を見る目がない」と(心の中で)文句を言うなど、彼氏に対しての嫉妬心がエグい。

理性的なタイプだが、隠す必要がないと判断したとたんめちゃくちゃ素直になる。めんどい。
むっつりスケベで、性知識だけは人一倍ある。残念。

【紗富(さとみ)】
お姉ちゃん。いたずら好きで一喜にちょっかいを色々出す。主ないたずらは一喜が買ったものを
私物化すること、子どもの頃は一喜に蹴りをかましていたりした(成長するにつれて減った)。

スタイルがよく、外面もいいのでそこそこモテる。
彼氏と付き合っていたが、ある理由で別れる(数か月ぶり2回目)。

表情豊かで活発なタイプ。朝が弱く、寝起きは機嫌が悪い。クローバーが好き。

一喜のことは少し自分より大人っぽくて精神的に頼れるが、所詮身内で異性としては意識していない。
押しに弱く、これまでの彼氏も告白されて「まぁいいか」位の感覚で付き合ってきた。

エッチなことには多少抵抗があるが、一度火が付くとのめりこむタイプ。
本編でもなかなかになかなかなセックスをする。バックが好き。


★この物語はフィクションであり、
実在の人物・団体・事件などには一切関係がありません。

--------------------------------------------------

作者:せびれ

○基本CG12枚+α
○差分込み本編CG219枚
○『セリフ無しver』、『セリフ、効果音無しver』同梱
○本編PDF版同梱

無口なお姉ちゃんが弟に「お返し」する話

無口なお姉ちゃんが弟に「お返し」する話

「んっ・・・(お返しに・・・えっちなことしてあげる)」──
深宵(みよ)姉さんは精神的な問題があって、上手くしゃべれないこと以外は普通の女の子だ・・・。
僕は深宵姉さんと同じ学校に通う一つ下の弟で、日々の手助けをしている。
ある日、偶然にも深宵姉さんの着替えを覗いてしまい、実の姉にも関わらず僕はその姿に劣情を催してしまった。
深宵姉さんはそれを知って、日々の助けのお礼という名目で僕にえっちな「お返し」を毎週してくれることに・・・。
深宵姉さんの体の気持ちよさを知ってしまった僕は、性欲がエスカレートしていき、フェラ、パイズリ、足コキ、素股など、さまざまな「お返し」をしてもらうことに・・・
いつしか「お返し」だけでは足りないほど性欲が増した僕。
そんなある日、深宵姉さんのオナニーを目撃してしまった僕は、たまらず一緒にオナニーを開始してしまう。
「お互い欲求不満なんだしいいよね・・・?」と言って実の姉と筆おろしまでしてしまった僕はいつしか深宵姉さんに恋愛感情を抱くようになっていた。
肉体関係から始まる恋なんて不純だけど・・・本心だから仕方ない・・・
「僕の・・・彼女になってくれませんか・・・?」
--------------------------------------------------
無口?なお姉ちゃんがえっちな「お返し」をいっぱいシてくれるイチャラブなCG集です。
【晴人(はると)】
弟、おしゃべりなごく普通の男子学生。国社は得意だけど数理は苦手。
姉である深宵のことを「理想の姉」だと思っている。ふとした時に異性として意識するが、基本は友達感覚で仲良くしている。
人想いの優しい性格で、喋れない深宵に付き添って言いたいことを補足したりしている。
体位はバックが好き。
【深宵(みよ)】
お姉ちゃん。おっぱいが大きい女子学生。数理は得意だけど国英が苦手。
昔から晴人一筋だが、晴人には伝わっていない悲しき乙女。
引っ込み思案な一面があり、小さいころに友達ができず、ずっと晴人に救われていた。
現在は友達もそこそこでき、少し社交的になった。
数年前から晴人のことを異性として意識し始め、葛藤して少し距離をとったこともあった。
喋れなくなったことで、晴人との距離が縮まったことをチャンスだと思っている。
けばけばしたものが嫌いで、私服もシンプルなものが好き。勉強の時だけ掛けるメガネも赤フレームのシンプルなものが気に入っている。
エッチなことに積極的で、定期的にオナニーをしている。
テクニックに関しては動画などを参考にして知識をつけている。いわゆる耳年増。
騎乗位と側位が好き。

★この物語はフィクションであり、
実在の人物・団体・事件などには一切関係がありません。
--------------------------------------------------
作者:せびれ

○基本CG13枚+α
○差分込み本編CG228枚
○『セリフ無しver』、『セリフ、効果音無しver』同梱
○本編PDF版同梱

姉妹が仲良しから両想いになる話

姉妹が仲良しから両想いになる話

形式:コミック
ページ数:60ページ+表紙(うちエッチシーン18P)

★~あらすじ~★
双子の朱莉(あかり)と藍莉(あいり)はとても仲がいい姉妹。二人の関係はとても良好だったが、妹の朱莉には悩みがあった。
それは姉である藍莉に対して恋愛感情を抱いていること。「恋人同士であれば両想いになれる」という藍莉の過去の言葉を胸に、朱莉は葛藤する。
そんなある日、学校に向かう通学路の途中で朱莉は高熱を出し、倒れてしまう。心配する藍理に告げられた衝撃の出来事とは────────

といったストーリーになっております。
エッチシーンは姉妹同士の甘々なものになります。

★~コンセプト~★
「抜ける少女漫画」というのをコンセプトとして描いております。ストーリーできゅんと出来て、かつしっかり抜けるというのを目指しています。故に導入は長めです。

★~おすすめできる方~★
・姉もの、実姉が好きな方
・姉妹など身近な関係が発展するのが好きな方
・ハッピーな話が好きな方
・お互いを思いあうエッチが好きな方
・TSものが好きな方

★~おすすめできない方~★
・姉もの、近親相姦が苦手な方
・TSものを見るとアレルギー反応が出る方

作品が気になる方、支援していただける方はぜひご購入を検討していただけると幸いです!

全4件

© えろ動画データベース 2016

WEB SERVICE BY DMM.com