全25件

セクフレ幼馴染 〜処女と童貞は恥ずかしいってみんなが言うから〜

セクフレ幼馴染 〜処女と童貞は恥ずかしいってみんなが言うか...

世の中には主役と脇役がいるという当たり前の現実を、大体みんなが思い知る──そんな学生時代。
学校という小さな箱庭のなかで形成される生態系、そのピラミッドの上位に君臨するのは大雑把に三種類。
運動が出来るやつ。見た目が良いやつ。どっちもイケるやつ。
頭の良しあしは、そんなでもない。出来るにこしたことは無いけど……ってなもんだ。
進学目前という時期には底上げされる魅力だけれど、入学したてのピカピカの一年生には余り重視されない。
色々なところから寄せ集められた群れのなかでまず最初にマウントを取る要素として強いのは、
やはりオスとしての魅力、メスとしての魅力ということなのだろう。
そんなピカピカの一年生たちから輝きが褪せる頃、夏休みを目前に控えたある日。
瀬尾幸久(セノオユキヒサ)──あなたは、小さな頃から知ってはいるけれども幼馴染と胸を張って言うには微妙──という
程度の付き合いの女友達、秋原志穂(アキハラシホ)とファミレスで駄弁っていた。
クラスの過半数を占める脇役組の男女数人ずつが連れだって、下心以上合コン未満という微妙な催しを開いた、その帰りだ。
「意外とさ、あんな風にさらっと付き合っちゃうもんなのね」
「ま、告ってからの関係のが長いワケだしな。はじめは気軽にってことだろ?試してみて、ダメなら次だ」
「おお、おお、大いに語りますなあ。童貞男子クン♪」
「うっせ。お前だって処女だろうが」
「処女は資産。童貞はリスク」
「男女平等の思想に反しとる」
「にひひひひひひ♪」
そうなのだ。
学生という、常にイベントに飢えている生き物の習性として、今日はめでたく一組のカップルが成立した。
そしてそれはもちろんあなたと志穂──ではない。くっついたのは、男側の主催者と女側の主催者だ。
何のことは無い。一対一の緊張感をまぎらわせるために何やかや理由をつけて知り合いを呼んで巻き込んだ、
半ば出来レース感のあるイベントだったのだ。他の参加者は良い面の皮である。
「……あいつら、あのあとすぐセックスすんのかな」
「おい、やめろ。同級生の性事情を赤裸々に妄想するな」
「だって、あのあたりラブホ幾つもあるし」
「……お前、利用する機会も無いのにラブホの場所覚えてんのか」
「……あんただって使うアテの無いコンドーム財布に入れてるでしょうが」
「ばっ!ちっ、ちげーし!これは金運アップのアイテムだっつーの、親戚のオジサンに教えてもらったんだっつーの!」
「あんた親戚付き合いもうちょっと考えたほうが良いよ」
呆れたように言ったあと、志穂はあなたのことをじっと見る。
「処女と童貞は恥ずかしいって、みんなが言うんだよね」
「なんだ。女同士でもそういう話になるんだな」
「まあね」
さらりと言ったあと、志穂はあなたを上目遣いに見つめる。物言いたげな瞳で。
言おうかな、やめようかな、そんな迷いの見える視線を訝しみながら受け止めるあなたに、志穂は続けた。
「──あたしたちもしよっか。セックス」
「はぁ?」
お前あんま人をからかうのも大概にしろよ、処女のクセに強がって──と。
軽く返そうとしたあなたを、真正面から射抜く志穂の瞳。
にんまりと人の悪い笑みを浮かべているくせに、そこには確かな熱が浮かんでいた。
「男としての自信、女としての自信を持つのに手っ取り早いのはさ、やっぱ経験だと思うワケ」
「今んとこお互いそういう相手はいないわけだけどさ、将来のためにそういう自信つけておくの、アリじゃない?」
「そんで、そういう自信から生まれる余裕が魅力的に見えるってのも、ジッサイのとこあると思うんだよね」
「……お前、そんな、そんなさあ、あっけらかんと……資産なんだろ?」
「経験しといて得られる資産もあるし?それに、あんたにはメリットしかない提案じゃない?」
志穂は言って、にひひと笑いながら、胸元に指を運ぶ。
そして、ファミレスのテーブル越しに身を乗り出すと、シャツの襟首をぐいと押し下げた。
運動部だからか、健康的でありながらも肉付きの良い上半身、その汗ばんだ谷間が見える。
そこだけ日に焼けていない丸く豊かな膨らみは、どうしようもなくエロかった。
「あんた、普段からちらちらあたしの胸見てるの知ってんだからね。隣の席を良いことにさ」
「……お前、顔はそんなでもないけど、身体はマジでエロいからな」
「……サイテー♪」
楽しそうに笑いながら、志穂は乗り出していた身体を元に戻す。
大きな尻をボックス席のシートにぼすんと落とすと、決定事項を通達するように言った。
「ドリンクバーお代わりしたら、あんたの家に行こ。今は誰もいないんでしょ?」

お前の母ちゃん、良い女だよな。

お前の母ちゃん、良い女だよな。

☆夫を亡くして熟れた肉を持て余した二人の熟母、そんな二人に育てられた、性欲旺盛二匹のチンポ猿息子!!
『お前の母ちゃん、良い女だよな』
近所の酔っぱらったオッサンたちだけならまだしも、同級生からも似たような言葉を頂くほどに、たしかにあなた──宮藤真心(クドウマコト)の母親、宮藤涼子(クドウリョウコ)は良い女だ。そしてそれは、目の前で真面目な顔をしているあなたの幼馴染であり無二の親友でもある、草壁広樹(クサカベヒロキ)の母親も同じだった。
近所でも評判の美人の母親を持つ二人が、母一人子一人で育てられた御隣同士、だらだらと真心の部屋で駄弁っている。いつも通りの時間、いつも通りの過ごし方のはずだったのに、いつの間にかその会話は怪しい方向へと進んでいた。先日の授業参観以来、クラスのモテない男どもが二人の母親のことを美人だとかエロいだとか正直ヤリたいだとか、息子に言うことかバカ野郎!!とぶん殴られても文句は言えないことを口にしている……とか、そんなどうでも良い話をしていたはずだったのだ。
「実は俺もさ、マコちんのカーチャンとヤリたいんだよね。涼子さんと」
広樹が、いつになく深刻な口調でのたまったのは、そんな世迷い言だった。
「……お前さぁ、冗談でもそんなこと言うのやめてくれよ」
げんなりした顔で応える真心。
いつも通り、親友がタチの悪い冗談を口にしただけ──それで済ませようとした。
だが、そんな真心に対して、広樹はただただ真面目な顔をするばかりだ。
それどころか、広樹はさらに聞き捨てならないことを口走る。
「マコちんだってさ、うちのカーチャンとヤリてえだろ?」
派手にむせる真心の脳裏に、初恋の女性の顔と身体が鮮明に思い浮かぶ。
目の前の親友、広樹の母親──草壁愛子(クサカベアイコ)
幼いころから隣同士で暮らしている親友の母親のことを、真心は確かに想い続けている。
当たり前だが口に出したことのない胸の内が、まさかバレていたなんてと呻く真心。
そんな様子を見て、広樹は、にんまりと笑みを浮かべる。
「俺もずっとさ、涼子さんのこと好きだったんだよね。でも俺は涼子さんから見りゃ幾つになってもケツの青いガ○だろうし、無理っぺえよな~~って感じだったし、だもんで諦めるつもりで色々女の子に声かけて遊んでたんだけどさ……でも、ま、それって俺らしくないんじゃね?って最近は思っててさ。んで、この話の冒頭に戻るわけよ。遊んでた子と別れたって話に」
学園一のチャラ男と名高い広樹が、見たことの無い真剣な顔をして言った。
「フリーになったわけだし、涼子さんにコナかけていーよな?って、マコちんに許可だけ取っておこうかなってさ」
「……お前、真面目に言ってんのかよ」
「おう、この上もなくガチだよ。ガッチガチのバッキバキだよ」
「年齢差とか、分かってるのかよ」
「愚問だぜマコちん。愛の前には歳の差なんて余りにも無力よ」
「愛ってお前……お前なあ。結局はヤリたいだけなんだろ、他人様の母親と」
「俺のなかの愛は、愛=交尾だから」
「おっ、お前なあ……!人の母親相手に交尾とか……!」
余りの言い草に二の句を継げない真心に、広樹はさらに続けた。悪戯っぽい笑みを浮かべて。
「つか、マコちんよぉ、こっちの質問に答えろよなあ」
「……こ、こっちの質問って、なんだよ」
「だからぁ、マコちんも、うちのカーチャンとヤリてえだろ?」
再びの問いかけに、広樹はまたも口を閉ざす。
余りにも濃厚な、肯定の意の漂う沈黙を。
──こんなやり取りを経て、始まったのだ。
女手一つで息子を育てた二人の母親が、牝の素顔を密かに曝け出してしまう日々が。
互いの母が女であることを思い知り、思い知らせる……肌と肉、汗と吐息がグチャグチャに絡み合う、とびきり熱い夏が。

ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活

ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活

鴫山陽彦(シギヤマ・ハルヒコ)──あなたは、ブラック企業(事務用品小売業)に勤める冴えないサラリーマン。
今どき天然記念物ものの四畳半のアパートで独り暮らしをしており、肥満体で、そして童貞です。
性欲は人一倍あるのですが常に金がなく、そのせいで身なりを整えることもできないし風俗に行くこともできない。
毎晩くたびれ果てては家に帰り、栄養を補給するためだけの食事をして、泥のように眠る。その繰り返しの毎日。
掃除もできない部屋は荒れ果てて、まるであなたの心のなかを映しているかのよう。それでも、自暴自棄になって、なるようになれ!とプチンと弾けたりしないのは、穏やかで争いを嫌うあなたの生来の性格、善性を示すかのようです。
そんなあなたに変化が訪れたのは、ある日のことでした。
「狭苦しく汚らしい場所だな。原生生物の巣というのは本当のようだ」
いつも通りにおんぼろアパートに帰り、もそもそと布団に潜り込んだあなた。
その瞬間、あなたの部屋が凄まじい光の爆発と音の洪水に包み込まれます。
部屋に雷でも落ちたのかと、なかば呆然とするあなたの前に、見知らぬ人物が立っていました。
美人。見たこともないレベルの、文句のつけようのない美人です。ただ顔のつくりが整ってるだけではありません。
自らの容姿に対する自然な自信が、オーラのように全身から放射されています。その綺麗で色っぽい顔に、実に不満げな表情が浮かんでいますが、その表情は目鼻立ちの美しさを少しも減じさせてはいません。
そして――その胸です。それはそれは、見事な大きさでした。下品に言うならデカパイでした。
そんなに……?というくらいに、グラビアアイドルや巨乳AV女優も顔負けのド爆乳でした。
息を呑むほどの美人でなかったとしたら、あなたの視線はその胸元にだけ吸い寄せられて、そのまま何も目に入らないくらいの見事な乳房様でした。
おまけに、そのたわわな乳房様が形作る艶やかな曲線は、半ば以上露わになっているのです。
そのデカパイ自信満々美女は、普通はお目にかかれない、アニメやゲームの中から出てきたような奇抜で露出度の高いコスチュームに全身を包み込んでいます。頭から伸びている角のようなものは、コスチュームの一部でしょうか?まさか自前のものとは思えませんが──と、呆然とするあなたに、美女がずいと顔を寄せてきます。良い匂いです。甘く、艶めかしい匂いが暴力的なまでの芳しさをともなって鼻に飛び来んできます。
謎の女性──自称魔王様は、妖艶な笑みを浮かべると、舌をなめずりながらあなたを押し倒します。
なんでもあなたは魔王様が欲している魔力を、大量にため込んでいるそうなのです。
「やはりとんでもない魔力量ではないか……。こんなものをぶら下げておきながら何も知らないと言い張るとは……」
ガチガチに勃起したあなたのチンポを握りしめ、ニンマリと笑みを浮かべながら、魔王様は言いました。
元の世界に戻るため、枯渇した魔力を補給するため、あなたがたっぷりと溜め込んだザーメンをチンポから徴収すると宣言する魔王様。デカパイムチムチ魔王様の魔力補給用チンポとして、四畳半おんぼろアパートで搾り取られる毎日が、こうして幕をあけることになったのです。

バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

「ねえ、こーちん。わるいんだけど、ベンキョー教えてくんない?」
夏休みを一月後に控えた、期末考査直後の土曜日。
家庭の複雑な事情により独り暮らしをしている室戸浩太──あなたは、自宅近くのコンビニで同級生のギャル、椎名ちえり──ちーちゃんと出くわす。
ちーちゃんは、その爆乳やムチ肉尻太ももを授業中に惜しげも無く揺らしたり、なんならパンモロも平気でするので、男子が後ろの席になると成績が下がると言われているカラダの持主。
そんなカラダと能天気で性に開けっ広げな性格から、年上のパパがいるとか、援○交際でマンションを買ったとか、童貞千本狩りを果たしたチンポの武蔵坊弁慶だとか、そんな根も葉もあるっぽい噂がひっそりと出回っている女の子だ。
そんな天然ドスケベ黒ギャルに、放課後にマンツーマンで勉強を教えることになるあなた。
彼氏がいるから本番は出来ないけどぉ……と、いやらしい笑みを浮かべながら、ちーちゃんは舌を舐めずる。
──こーちんは、あたしのお勉強の面倒を見てくれる。
──その代わりあたしは、こーちんの、ちんこの面倒、見てあげる……☆
☆オーラルセックス重点、本番少な目。本作のメインはフェラチオ他、手コキパイズリ尻コキなどなど。
☆でも、ちーちゃんみたいなスケベ黒ギャルと本番が少ないなんて辛い!ですよね!ですので、本作品は本番ありありの後日談を公式作品ページで無料配布予定です。要チェック!

ヤリチン家庭教師ネトリ報告〜ドスケベ巨乳母娘丼〜

ヤリチン家庭教師ネトリ報告〜ドスケベ巨乳母娘丼〜

☆あなたはヤリチン家庭教師。ドスケベ過ぎる肉体をした教え子とその母親を、思う存分ハメ倒せ!!
主人公・栗栖希務(クリスノゾム)──あなたは、軽薄で性欲の強い「チンポ最優先主義者」で、迷った時はスケベ心の命じるままに行動するヤリチンという単語が服を着て歩いているような大学生だ。
厳格で真面目一辺倒の両親の元から逃げるために必死の思いで有名私大に合格したあなたは、そのブランド力を利用して家庭教師のバイトを行なっている。容貌は平凡だが筋肉質な体付きをしており、さらに話術も巧みなため、家庭教師先の生徒や母親と性欲の赴くままに次々と関係を結ぶことができている。
軽薄で無責任だが自信家でもあり、また会話の相手(特に女性)が何を求めているのか本能的に察知できる。
牡としての魅力に富み、その性格を知っても主人公とのセックスから離れられない女は多い。
そんなあなたの現在の家庭教師先である初藤(ハツフジ)家は、誰しもが羨む理想の家族を、まるで絵に描いたようだ。いかにも柔和な好人物だがお世辞にもハンサムと言えない壮年男性・初藤達暢(ハツフジタツノブ)と、一回り半も若いその妻の明璃(アカリ)、そして明璃の連れ子である静玖(シズク)――という構成にもかかわらず、三人は血の繋がった家族のように仲がいい。
いつもならば、あなたのチンポが反応しまくる母と娘をあっという間にあの手この手でハメ倒しているはずだった。だが初藤家はゲスなヤリチンのあなたが羨まむほどに仲睦まじく、家長の達暢にはいずれ就職を世話して貰う予定でもあり、家庭教師の職場としての待遇も良く……今まで通りにマンコのつまみ食いをして波風を立てることに、強い抵抗があった。あなたはつい最近「他の女を捨てて自分と結婚して」と迫ってきたセフレたち全員と一方的に関係を断っており、そのせいでかつてないほど欲求不満になってもいるが……どうしても、奔放に振る舞うことが出来ないのだ。だが──
「君に妻を――明璃を抱いてほしいんだ」
──だが、そんなあなたのなけなしの理性や常識や義理を揺さぶったのは……
他ならぬ一家の主、達暢だった。
秘密裡に交わされた契約のもと、夫公認の寝取り劇をきっかけにした、肉欲の宴が幕を開ける……

色情教団

色情教団

☆あなたは新興宗教の偽教祖!!セックス教団のおしえに従い、女信者をハメ倒せ!!
持ち前の傲岸な態度から職を失い、住処である安アパートからも追い出され、ホームレスとなって公園のベンチに座っている主人公──あなた。世間に向けた恨みつらみを、胸の底でぐつぐつと煮え立たせているあなたの前に、謎の美女・伊月志摩(イツキシマ)が現れたのは、ある日の夕方、逢魔ヶ刻のことだった。
「――私は、あなたを妃神の会の教祖として迎え入れたいのです」
突拍子もない提案に、耳を疑うあなた。志摩はあなたに、自分が幹部をしている「妃神の会(ヒシンノカイ)という新興宗教の「教祖」になってほしいと持ちかける。本物の教祖である孕石光雪(ハラミイシコウセツ)は体を壊して瀕死の状態にあるため、その替え玉になってほしいというのだ。
見ず知らずの自分に声をかけた理由を尋ねると、志摩は滑らかに答える。教祖が今いなくなると教団が立ち行かなくなるので代わりを探していたこと、そしてあなたには百年に一度の「相」があり、霊的な潜在能力を秘めていること。
また、あなたと教祖の容姿はよく似ている上、教祖は御簾の奥から信者に教えを説いていたためにその顔を直に見たことのある者は少なく、また限られた信者に顔を見せていた時はいつも暗がりだったのでばれないはずだ、とも。天涯孤独であり、明日の食事にも困っていたあなたは、胡散臭く思いながらもその話に乗ることにする。
──そして、あなたは偽物の教祖としてまつり上げられ、妃神の会の実態を知ることになる。
妖しげな香を焚きしめた大集会場。甘い香りに包まれながら、男も女も老いも若きも肌を晒し、絡み、まぐわって、獣のような声をあげて心身を開放する信者たち。セックスを神聖な儀式と据えた新興宗教の、世間と隔絶された狂乱を。
信者の女たちを品定めし、その肉体を思うがままに貪る淫欲の日々のなかで、偽物の教祖のあなたは、はたして一体どのような結末を掴むのだろうか?

妻が綺麗になったワケ

妻が綺麗になったワケ

妻が、何となく綺麗になった気がする。
そんな些細な、けれども心に刺さったまま抜ける気配のないトゲ。
それをどうにかしようと、話のタネにでもと軽い気持ちも合わさって、興信所に妻の調査を依頼した主人公──塚本倫太郎(ツカモト・リンタロウ)──あなたは、驚きの調査結果を手に入れるハメになってしまう。
「どうしましょうか。わたしのほうで、懇意にしている弁護士にこのまま話を繋げるということも出来ますが」
同窓会で出会った元彼に酔い潰されて、ヤリチン不良中年の手練手管であれよあれよとハメ倒されてしまった、最愛の妻。浮気。不倫。まさかあの妻がそんなこと……そんな想いとは別に、あなたは、かつてない興奮に全身を焼かれる。
──嗚呼、あの堅物の妻が、こんないやらしい顔をするんだ。
初めての男と貪った、ケダモノじみたセックスの味を思い出した貞淑な妻。
あなたの知らない顔を見せ、あなたの知らない声をあげる、最愛の女。
間男に接触し、裁判沙汰にしないことを条件に、あなたはより過激な妻の姿を撮影するように、間男と取引をかわす。
浮気セックスに悶え鳴く最愛の妻の姿を観察することにとりつかれたあなたは、終わりの見えないどす黒い興奮の奈落へと、どこまでも転がり落ちていき、そして──

催眠アイドロップス

催眠アイドロップス

主人公・若槻明良(ワカツキアキラ)は、重大な悩みを抱えて日々を過ごしていた。
他界した父の再婚相手である義母・愛美(マナミ)
そして、その娘である義姉・華恋(カレン)
一つ屋根の下に暮らす二人が、魅力的過ぎることだ。
そんな、血が繋がっていないことを気にせず自分を可愛がってくれる愛美と、いかにもヤリまくってる遊び人の空気をまき散らしながら自分をパシり扱いしてくる華恋を、明良ははっきり言って、異性として意識している。
いや、そんな恰好良い言い方ではない。もっと露骨に言うと、性欲の対象として見てしまっている。オナニーのオカズに使うのなんて朝飯前で、もっと言えばヤリまくりたいと思っている。甘ったるく熟れ切った蜜溢れる果実のような肉体の愛美と、だらしなく着崩した制服の下にはち切れんばかりの瑞々しい牝肉を隠しきれていない華恋が、明良を全く男として意識せずに接してくる現状に、ムラムラが募って溜まらない。
そんなある日、明良は父親の遺品を整理しているさなかに、奇妙な目薬を発見する。
それはトンデモ科学者として怪しげな研究に没頭していた父が、ホンジュラスでオオアリクイに襲われてあっさりと死ぬ前に残していった数々の品のなかでもとびきりにトンデモな、催眠目薬だったのだ。
見つめた相手を催眠状態にかけることが出来る目薬──それが、明良の日ごろ溜め込んだ鬱憤や抑圧や悶々としたチンポの疼きを大爆発させてしまうことは、余りにも明らかだった。

【無料】バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん後日談

【無料】バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちー...

----------------------------------------------------------------------
※本作品は《バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん》の後日談開放用データとなっております。正規の製品版をご購入頂いた方にのみ、遊ぶことが出来ます。使用方法は圧縮ファイル内のreadme.txtをご確認ください※
----------------------------------------------------------------------
[あらすじ]
二人で過ごす二度目の夏。学生生活最後の夏休み。
クーラーの壊れたあなたの部屋でお勉強をする、あなたとちーちゃん。
こんなクソ暑い中でいつまでも過ごしてられっか!!と、あなたはちーちゃんと二人で、田舎にある今は無人の祖父母の家に、数日間の小旅行に行くことに。
──麦わら帽子をかぶった、あなただけの白ワンピース黒ギャルJKと、トロトロに甘くてグチャグチャにエロい熱帯夜、過ごしてみませんか?

煌速聖姫パラスアテナ

煌速聖姫パラスアテナ

ORCSOFT兄弟ブランド『DWARFSOFT』作品第3弾は、強く凛々しく美しい正義の変身ヒロインを恥辱まみれ快感悶絶地獄に叩き落すAVG!憧れの女の子の正体が、日夜悪の組織と戦う正義の味方であることを知ったその時、取るべき手段はただ一つ!肥大化したどす黒い欲望を、思う存分叩き付けろ!
~あらすじ~
学園で虐められる日々を送っている根暗な少年──下田琢男(シモダタクオ)
そんな琢男が引きこもりにもならずに学園に通っているのは、自分にも分け隔てなく優しく接してくれる同級生の姫里桃香(ヒメサトモモカ)に会うため――もっと言うなら密かに視姦してオナネタにするためであった。しかし、桃香の親友であり、またクラス委員長でもある音無朔夜(オトナシサクヤ)は、そんな琢男の性根を見抜いており、ことあるごとに桃香が琢男と接触するのを妨げていた。琢男は自らを虫のように扱う朔夜を憎悪するとともに、いつかその体を凌辱したいという妄想を抱くようになっていた。
そんなある日、琢男は、日々劣情を滾らせている桃香と朔夜の正体が、異世界からの侵略者「バル帝国」と戦う正義の変身ヒロイン「パラスアテナ」であることを知る。
憧れの少女と、憎悪の対象。二人が正義のヒロインであること知った琢男は、AIGISへの拘束、バル帝国への亡命を通し、自身の奥底に眠っている黒い怒りや欲望を望むがままに開放する日々へと転がり落ちて行く。
──元よりこの世界には恨みしか無かったのだ。
──人類の裏切り者として、自身を蔑み虐げて来たぶち壊し、欲望のままに振舞ってやる!

全25件

© えろ動画データベース 2016

WEB SERVICE BY DMM.com