全1,910件

僕にセフレが出来た理由 〜安産型お尻の人妻編〜

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

それはどこかで聞いたことがあるような失敗談。いやちょっとしたホラー。
まさかそんな事態が自分の身に起こるだなんて――
沢村秋子、34歳。
美人で巨乳だけれど、気が強く男を寄せ付けない性格が災いして未婚。
社内では「行き遅れBBA」と陰口を叩かれている。
その部下である青年もまた10歳年上の女上司を苦手に感じていたのだけれど…
偶然、ふたりきりで酒を飲むことになったとある夜。
女上司の意外な可愛い一面と、ガードの緩さを目の当たりにして若い性欲が大暴走。
酔った勢いで強引に唇を奪いベッドイン。
お堅いスーツをひん剥けば、その下にあったのは絶妙な肉付き加減の半熟とろとろボディ。
ずっと他の男の手つかずだった処女穴は、挿れた瞬間発射しそうになるほどの超絶名器。
孕ませたら人生終了だと分かっているのに、気づけば生ハメ膣内出しをキメていた。
それからというものふたりはセフレのような関係になって…
はたしてハメたのかハメられたのか。
行き遅れ女上司との生セックスにハマってしまった若い男の将来はいかに。
--------------------------------------------------
性欲に負けて10歳年上の女上司(独身)と生でヤリまくってしまうフルカラーコミックです。
主人公は入社2年目のサラリーマン。彼女もいて、そこそこ順調な人生を歩んでいる。
そんな彼に悩みがあるとすれば、それは会社の女上司のこと。
「沢村秋子」は仕事ができて、美人でしかも巨乳とハイスペック。
それだけなら理想の女上司なのだが…男勝りなキツイ性格でプライドが高く御年34歳未婚。
いつも叱られている主人公を始め男性社員たちからは「行き遅れBBA」呼ばわりされていた。
そんな上司を女として見ることなど絶対無いと思っていた主人公だったけれど…
ある日、寿退社する同僚の送別会があった夜の帰り道。
女上司と偶然遭遇した主人公はサシで飲み直すことになってしまう。
初めは嫌々付き合っていた主人公だけれど、いざ飲み始めると女上司の意外な心遣いや、可愛らしい一面が見えてきて、2軒目、3軒目と店を変えるうちに…気がつけばふたりは「変な雰囲気」に。
終電を逃して乗ったタクシーで「少し休んでいく?」などと誘われ女上司の自宅へ。
これはヤバイ流れだ…と泥●した頭の片隅で思いながらも、最近恋人とご無沙汰で溜まっていた主人公。
若い性欲に身を任せて女上司の唇を貪り押し倒してしまう。
そして脱がせたスーツの中から溢れ出したのは、まるで半熟卵のような絶妙な熟れ加減の肉体。
実はこの歳でいまだ経験がない…という自嘲的な告白にも引くどころか大興奮せざるを得ない。
いざ10歳年上の処女を奪ってみれば、未使用だったその穴は腰が抜けるほどの名器ぶり。
コンプレックスらしい陥没乳首を穿り出して弄くれば、まるでクリのような敏感さ。
部下のチ○ポでたやすくイキまくり、生ハメすら許してしまうチョロすぎBBA。
こんな女がいままでずっと他の男の手つかずだったなんて…!
奇跡的な掘り出し物を前にオスの本能が暴走し、主人公はうっかり行き遅れマ○コに中出し。
幸いその時のことは「一夜限りの過ち」で済み、お互い忘れる約束になったけれど…
それ以来、あからさまに主人公への態度が甘くなり、ボディタッチも増えた女上司。
半熟ボディの抱き心地が忘れられない主人公もまた、恋人と喧嘩したことをきっかけに再び女上司を襲って都合の良いセフレ扱いするようになってしまう。
会社帰りにこっそり待ち合わせてラブホ通いしたり、風邪を引いたら看病に来てもらって手料理をごちそうになった上で性欲処理もしてもらったり。
さらには残業中にデスクの下で内緒の特別サポートをしてもらったり、外回り中に電車の中で痴●プレイしてそのまま多目的トイレに連れ込んじゃったり。
すっかり行き遅れBBAとのセックスに溺れてしまった若い男は、もはや「危険日」と知っても我慢ができなくて…!?
★この物語はフィクションであり、
実在の人物・団体・事件などには一切関係がありません。
--------------------------------------------------
制作:すぺしゃるじー
企画・原案:チンジャオ娘
○フルカラーコミック103ページ

彼女が不在の間、彼女の親友と四六時中、中出ししました。

彼女が不在の間、彼女の親友と四六時中、中出ししました。

彼女が旅行の間、彼女の親友との爛れた生活が始まる――。
彼女の旅行前に久しぶりに、仲の良い人達で集まって宅飲みをすることになった。
酔いつぶれたみんなが寝静まった頃、彼女の親友――彩香は、俺にキスをしてきて、彩香が俺に好意をもっていることを知った。
彼女が旅行に発つ日、彼女と入れ違いで彩香が部屋を訪れてきた。
初めは、彩香の好意に戸惑っていた俺も、
彼女よりも女として優れた身体や、ゴム無しでしてもいいという彩香の誘いに心が揺らぎ、浮気セックスをしてしまう。
彼女よりも圧倒的な抱き心地の彩香のカラダに、俺はのめり込み、彼女が帰ってくる日まで何度もセックスを繰り返した。
彼女と寝るベッドで…
外出先でも……
彼女との電話中でも……
彼女が返ってくる日が、刻々と迫る中、俺たちは四六時中セックスを繰り返した。
◆内容量
-------------------------------------
本文71P+表紙1P
セリフ無しver
PDF同梱
◆スタッフ紹介
-------------------------------------
原案:シツジ
ネーム:たかお
漫画:ちゅーりっぷ
下塗り:ぶしのふじ
彩色:ほしいち
アシスタント:aki

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

「娘じゃないなら…ヤってもいいんだよな」
DNA鑑定で判明したのは十数年に渡る妻の裏切り。その瞬間から愛娘が、若い極上のメスにしか見えなくなって――
目に入れても痛くないほど可愛い一人娘。命より大事な宝物。
しかし娘があまりのも自分と似ていないという事実に疑念をつのらせていた夫は、ある時ついにDNA鑑定を依頼。
そして突きつけられたのは「親子関係0.00%」という結果。
裏切られた怒りと絶望に飲まれた男は、大切に育ててきた娘を…
あどけない顔立ちとは裏腹に発育の良い、安産型の若い肉体を欲望のままに貪って、自らの手で傷物にしてしまう。
しかし父親想いの娘は、それでもまだ男と親子でいることを望み…
それからというもの妻には何も知らないふりを続けながら、
ひとつ屋根の下で暮らす「血の繋がらない若い女」との交尾に明け暮れる日々。
そして娘もまた、その身体を自ら望んで父と呼ぶ相手に捧げるようになり…!?
--------------------------------------------------
愛娘をDNA鑑定したら他人の子でしたなんていう絶望的な状況からの大逆転。
親子ほど年の離れた若い女と一つ屋根の下で妻に隠れてセックスしまくっちゃうCG集+漫画です。
真面目だけが取り柄のようなしょぼくれた中年会社員男性の主人公。
そんな彼にも自慢できることがひとつ。
それは手塩にかけて育ててきた娘の存在だ。
一人娘の陽葵(ひなた)は現在、花盛りの女子学生。
大事にしすぎたためかやや世間知らずでファザコン気味だが天真爛漫で優しい性格に育ってくれた。
容姿は親のひいき目じゃなく可愛くてアイドルにスカウトされたこともあるほど(もちろん断った)。
ちなみに彼氏のような悪い虫が付いたこともない。
娘のためを思えば大変な仕事も頑張れたし、遊びも控えて妻子と一緒にいる時間を大事にしてきた。
娘は主人公にとっての生きがいだった。
しかし――
「娘さん、父親に全然似てないっすね」
会社の宴会で部下に言われたそんな一言をきっかけに疑念を募らせてゆく主人公。
妻はもともと活発な性格で思い当たる節があったのだ。
そしてついには妻にも娘本人にも内緒でDNA鑑定の依頼を決断。
運命の日、届いた鑑定書を見た主人公は…
気が付けば、目の前にいた「血の繋がらない若い女」を押し倒していた。
昨日までは庇護の対象だった娘の可愛い顔が、発育の良い身体が、匂いが、
もはや男の欲望を掻き立てる極上のメスのものにしか感じられない。
無意識に「父親」として抑え込んでいた性欲が爆発し、
これまでの人生で最も欲情しながら食べ頃に育った娘の肉体を貪ってしまう。
しかし健気な娘はそんな主人公を許し、愛し、
父を家に繋ぎとめるため自ら身体を差し出しだすようになって――
やがて箱入り娘ゆえに未知だった性の悦びに開花。
むしろ娘のほうが積極的に大好きな父とのセックスを楽しんじゃうように!?
主人公もまた若いメスとの性行為で衰えていた性欲が回春。
若い頃以上の絶倫ぶりで妻なんかよりはるかに抱き心地の良い娘との交尾に励む毎日。
一方、近頃なぜか外出が多くなった妻。
夫はもはや妻への関心など薄れていたが、娘は母のその様子になにやら思うところがあるようで…?
★この物語はフィクションであり、
実在の人物・団体・事件などには一切関係がありません。
--------------------------------------------------
制作:小桜クマネコ(クマニコテック)
企画・原案:チンジャオ娘
○基本CG22枚+フルカラーコミック18P
○差分込み本編199枚
○『イラストのみver』収録

箱舟熟女アルティメット60作品総集編セット

先輩に逆寝取られされてハメまくった日々

兄嫁になった初恋のお姉ちゃんと二人っきりの三日間

サキュバスの隣人 小野宮家の母娘

サキュバスの隣人 小野宮家の母娘

遺伝性サキュバス
『症状』が出ると周囲の『相性』の良い男性に淫夢を見せてしまう
淫夢を見てしまった男性はそのサキュバスでしか射精出来なくなってしまう
淫夢は毎日の様に続き、呪縛を解くには
サキュバスに射精させてもらう他ないらしいが…
一児の母:早織は遺伝性サキュバスだったが
淫夢を見せてしまった相手がよりにもよって
娘:早希の彼氏:小鞠くんだった
二人の関係を思い、娘には秘密でこっそり『治療』を試みるも
射精させても一向に呪縛が解けないようだった
そんな中、Hな雰囲気の二人の姿を目撃してしまう
二人の関係を微笑ましく見守っていたはずの母:早織だったが
二人の姿に胸に不穏なざわめきを覚える…
「私だったら…もっと気持ちよくしてあげられるのに…」

サキュバスの遺伝に振り回される3人の話前編です
本文36ページ
jpeg形式、pdf形式同封
サークル:妄想出口
著者:右脳

全1,910件

© えろ動画データベース 2016

WEB SERVICE BY DMM.com