全4件

ズーム・アップ ビニール本の女

ズーム・アップ ビニール本の女

黒いスポーティな衣装に身を包んだサングラスの女・秋岡ナミが、住居案内掲示板の前にたたずんでいた。ナミは、黒いバックからコンパクトを取り出し、唇にルージュを引こうとしていた。そんな時、ナミは視界の中にビニール本のカメラマン・木村をみつけて蒼白となった。木村こそ、ナミがずっと捜し求めていた男であった。ナミの脳裏に一年前のいまわしい記憶が蘇ってくる。当時、CMディレクターであった木村に、工場の廃墟で強引にナミは犯されたのである。ナミは木村の後姿を憎悪の瞳で見送った。

ジャンル
出演女優
発売日 2015年7月3日
評価
4.00
メーカー
監督
  • 菅野隆
レーベル
  • にっかつロマンポルノ

宇能鴻一郎の開いて写して

宇能鴻一郎の開いて写して

閉じて、開いて、軌道修正。あたし燃えちゃう、おもらししちゃう。ボディシャトルで大器圏突入!

ジャンル
出演女優
発売日 2012年8月1日
シリーズ
メーカー
監督
  • 西村昭五郎
作者

キャバレー日記

キャバレー日記

軍隊式ホステス管理で過剰シコシコサービスをする風俗営業現場は、哀感のにじみ出たSEXの奉仕地帯だった!ノーパン喫茶からマントルまで、めまぐるしく盛衰し続けるセックス産業界にあって、根強く生き続けているキャバレー。この映画は、そんなキャバレーで働く人々の姿をコミカルに、しかし、生々しく描いた話題作である。キャバレー「ミスニッポン」新宿グラマー店は、軍隊式人間管理と系列店の売上競争で稼ぎまくっていた。夏期ボーナスのシーズン、どの店も客の豊かな財布を狙って奮闘する中、新宿店は河本店長の発案による“何でもOK”の過剰サービスを実施。客を昇天させることを目標にホステスは全員血眼になっていた。ところがそんなある日、ナンバー2のホステス淳子(岡本)と課長の福永が駆け落ちを。とりあえず和田(伊藤)を係長に昇進させることでこの危機を乗り切った店長だが、今度はナンバー1の宏美(竹井)が無断欠勤。様子を見に行った和田は彼女の日記を発見。そこに永田を慕う気持ちがびっしり綴られていた。翌日、和田は社則を破って宏美を飲み屋へと誘うのだったが…。

団鬼六 少女縛り絵図

団鬼六 少女縛り絵図

薄化粧の倒錯世界!!桜色に染まった肌を責める縄と鞭の地獄絵図。代議士・田崎の三女・愛子(飛鳥裕子)の夫の啓助(江角英)は大学で浮世絵の研究をしていた。ある雨の日、ゼミの講義を終えた啓助は、やるせない現実の生活から逃避するかのように夜のネオン街を徘徊していた。その時、踏切で自殺をしようとしていた少女・美晴(早野久美子)を助け、いきつけのバー「ろまん」へ連れて行った。バーのマスター・平野(高橋明)と輝子(港まゆみ)はSM嗜好者で、美晴を睡眠薬で眠らせアパートの空部屋に連れ込み、啓助にSMを扇動するのであった。残酷絵に魅せられた浮世絵の研究家が、ふとしたことで知り合った少女を、縄と鞭の責め地獄へ誘い込む。当時新人の〔早野久美子〕がいたいけな少女役を好演。SMの世界に体当たりする。共演は婦警出身の〔港まゆみ〕と〔飛鳥裕子〕。演出は、団鬼六シリーズを始め、倒錯の世界を華麗に描出する小沼勝監督。

ジャンル
出演女優
発売日 2004年7月1日
評価
5.00
シリーズ
メーカー
監督
  • 小沼勝
作者
全4件

© えろ動画データベース 2016

WEB SERVICE BY DMM.com