全17件

女囚K 濡れた過去の女たち

女囚K 濡れた過去の女たち

この世から自分の存在を消され、「センター」で優秀な殺人の道具として訓練を受けるKナンバー171のユウ(キューティー鈴木)。ここを生きてでるには、優秀な殺人機械として熾烈な競争に勝ち残り、テストに合格しなければならなかった。Kナンバーから脱落した者は、セックスの道具として調教されるSナンバーへ降格。そこでも室楽の烙印を押された者は抹消されてしまう…。

女囚K 濡れた過去の女たちsample1
女囚K 濡れた過去の女たちsample2
女囚K 濡れた過去の女たちsample3
女囚K 濡れた過去の女たちsample4
女囚K 濡れた過去の女たちsample5
女囚K 濡れた過去の女たちsample6
女囚K 濡れた過去の女たちsample7
女囚K 濡れた過去の女たちsample8
女囚K 濡れた過去の女たちsample9
女囚K 濡れた過去の女たちsample10
女囚K 濡れた過去の女たちsample11
女囚K 濡れた過去の女たちsample12
女囚K 濡れた過去の女たちsample13
女囚K 濡れた過去の女たちsample14
女囚K 濡れた過去の女たちsample15
女囚K 濡れた過去の女たちsample16
女囚K 濡れた過去の女たちsample17
女囚K 濡れた過去の女たちsample18
女囚K 濡れた過去の女たちsample19
女囚K 濡れた過去の女たちsample20
女囚K 濡れた過去の女たちsample21
女囚K 濡れた過去の女たちsample22
女囚K 濡れた過去の女たちsample23
女囚K 濡れた過去の女たちsample24
女囚K 濡れた過去の女たちsample25
女囚K 濡れた過去の女たちsample26
女囚K 濡れた過去の女たちsample27
女囚K 濡れた過去の女たちsample28
女囚K 濡れた過去の女たちsample29
女囚K 濡れた過去の女たちsample30
女囚K 濡れた過去の女たちsample31
女囚K 濡れた過去の女たちsample32
女囚K 濡れた過去の女たちsample33
女囚K 濡れた過去の女たちsample34
女囚K 濡れた過去の女たちsample35
女囚K 濡れた過去の女たちsample36
女囚K 濡れた過去の女たちsample37
女囚K 濡れた過去の女たちsample38
女囚K 濡れた過去の女たちsample39
女囚K 濡れた過去の女たちsample40
ジャンル
出演女優
発売日 2006年9月4日
評価
1.00
メーカー
レーベル
  • 銀河映像

氷る月 感じる死体

氷る月 感じる死体

台湾人ママ、ビビアンが経営する喫茶店。ここは売れない小説家や放蕩な女子大生など、訳ありな常連のたまり場になっている。その中の一人、翔子はビビアンの店で探偵もどきの何でも屋のアルバイトをしていたのだが、ストーカー調査の依頼を受けたことから、猟奇的連続殺人事件に巻き込まれてしまう。

氷る月 感じる死体sample1
氷る月 感じる死体sample2
氷る月 感じる死体sample3
氷る月 感じる死体sample4
氷る月 感じる死体sample5
氷る月 感じる死体sample6
氷る月 感じる死体sample7
氷る月 感じる死体sample8
氷る月 感じる死体sample9
氷る月 感じる死体sample10
氷る月 感じる死体sample11
氷る月 感じる死体sample12
氷る月 感じる死体sample13
氷る月 感じる死体sample14
氷る月 感じる死体sample15
氷る月 感じる死体sample16
氷る月 感じる死体sample17
氷る月 感じる死体sample18
氷る月 感じる死体sample19
氷る月 感じる死体sample20
氷る月 感じる死体sample21
氷る月 感じる死体sample22
氷る月 感じる死体sample23
氷る月 感じる死体sample24
氷る月 感じる死体sample25
氷る月 感じる死体sample26
氷る月 感じる死体sample27
氷る月 感じる死体sample28
氷る月 感じる死体sample29
氷る月 感じる死体sample30
氷る月 感じる死体sample31
氷る月 感じる死体sample32
氷る月 感じる死体sample33
氷る月 感じる死体sample34
氷る月 感じる死体sample35
氷る月 感じる死体sample36
氷る月 感じる死体sample37
氷る月 感じる死体sample38
氷る月 感じる死体sample39
氷る月 感じる死体sample40
ジャンル
出演女優
発売日 2006年9月4日
メーカー
レーベル
  • 銀河映像

美女のはらわた

美女のはらわた

肉をちぎれ!骨までしゃぶれ!激烈、血しぶきエクスタシー!「処女のはらわた」に続くスプラッタエロス第二弾! ある倉庫、四人の男達に取り囲まれ、壁の方に追い詰められた娘・伊藤良美が必死の表情で恐怖に耐えている。ドアの前には一山会のNO.2吉岡雄二が立っている。「娘を犯れ」その言葉で全員の視線が良美にいく。吉岡が東に命じる「やれよ、エンジェルレイン」とまどいながらも、注射器セットを出した東は、黄色い液体をポンプ内に吸引した。苦痛と絶望の入り混じった瞳で、液体が流し込まれている左腕を見ている。いきなり肉体が変調をきたしだす…。

ジャンル
出演女優
発売日 2006年5月13日
評価
2.50
メーカー
監督
  • 小水一男

美女レイプ狩り

美女レイプ狩り

野沢玲子、坂本静枝、加藤絵美、戸田隆の四人は、リュックを背負って緑萌える山肌を登っていた。隆は、社内で絵美と静枝の二人と付き合っていた。絵美は、隆と静枝を一緒に旅行させその反応を確かめるつもりだった。目に見えない三角関係の緊張が続く中、四人は、川のほとりでキャンプ作業に取り掛かる。絵美は、隆と静枝がセックスしているのを目撃し、林の中に走り込んだ。そこで、何者かに襲われる。気がついた絵美は、薄暗い部屋で裸にされ、後手に縛られていた。そこへ、歪んだ笑みを浮かべた男が現れ、手には猟銃を握り締めていた。男は絵美の両足を開き、猟銃の先を股間に這わす。「た、助けて…」「尻をあげろ」絵美の秘所に銃口が突っ込まれた。悲鳴。「豚め!」男の目は怨念に満ちていた。次の日、絵美がいなくなったことを、事情を知らぬ玲子は心配するが、静枝はサバサバしており、隆も知らぬ存ぜぬだった。帰りの山道を下っていると、静枝が何者かの罠によって足を怪我する。前方に古い木造校舎が浮かび上がる。三人は吸い寄せられるように、そこへ足を速めた。そこで悪夢のような出来事が待ち受けているとも知らず…。

ジャンル
出演女優
発売日 2006年4月18日
評価
2.00
メーカー
監督
  • 松井稔

処女のはらわた

処女のはらわた

早見礼子(木築沙絵子)、吉岡和代(荻尾なおみ)達を乗せた車は、もう日がどっぷりと暮れた山道の中、帰路を急いでいた。ところが、浅丘の運転する車は急にひどくなった霧のため道を見失ってしまう。その直後、車は何かにぶつかったような鈍い音をたてて急停車した。確かに人のようだったが、前には何の痕跡も残ってはいない。車はそのまま逃げるようにその場を立ち去る。ゆっくりと離れてゆくテールランプ、その時、霧の中からモッソリと起き上がってくる大男のシルエットに誰も気がつかない。道に迷った六人は偶然たどり着いた廃屋で一夜を明かすことにした。

ジャンル
出演女優
発売日 2006年4月10日
メーカー
監督
  • 小水一男

生ごみ 死体遺棄

生ごみ 死体遺棄

暴力を振るわれて夜逃げした女の部屋に引っ越してきた、健一と真由美。健一は、前住人が置き忘れた、「生ごみ」袋の異臭に悩まされるが、真由美は何故か、惹きつけられてゆく…。ある日、管理人から暴力男の名前を聞かされる。真由美はかつての恋人”前田”を不注意で死なせてしまい、健一は高校生の時に”前田”という生徒をイジめて、自殺させたのだ。そして暴力男の名前も”前田”…。「生ごみ」の正体は?

生ごみ 死体遺棄sample1
生ごみ 死体遺棄sample2
生ごみ 死体遺棄sample3
生ごみ 死体遺棄sample4
生ごみ 死体遺棄sample5
生ごみ 死体遺棄sample6
生ごみ 死体遺棄sample7
生ごみ 死体遺棄sample8
生ごみ 死体遺棄sample9
生ごみ 死体遺棄sample10
生ごみ 死体遺棄sample11
生ごみ 死体遺棄sample12
生ごみ 死体遺棄sample13
生ごみ 死体遺棄sample14
生ごみ 死体遺棄sample15
生ごみ 死体遺棄sample16
生ごみ 死体遺棄sample17
生ごみ 死体遺棄sample18
生ごみ 死体遺棄sample19
生ごみ 死体遺棄sample20
生ごみ 死体遺棄sample21
生ごみ 死体遺棄sample22
生ごみ 死体遺棄sample23
生ごみ 死体遺棄sample24
生ごみ 死体遺棄sample25
生ごみ 死体遺棄sample26
生ごみ 死体遺棄sample27
生ごみ 死体遺棄sample28
生ごみ 死体遺棄sample29
生ごみ 死体遺棄sample30
生ごみ 死体遺棄sample31
生ごみ 死体遺棄sample32
生ごみ 死体遺棄sample33
生ごみ 死体遺棄sample34
生ごみ 死体遺棄sample35
生ごみ 死体遺棄sample36
生ごみ 死体遺棄sample37
生ごみ 死体遺棄sample38
生ごみ 死体遺棄sample39
生ごみ 死体遺棄sample40
ジャンル
出演女優
発売日 2005年4月20日
評価
2.00
メーカー
レーベル
  • CARESS COMMUNICATIONS

極道刑事

極道刑事

連続して起こるレイプ殺人事件。その現場検証に立ち会った刑事の木場は、犯人は女だと判断した。根拠はない。単なる勘だ。上司の制止を振り切って、彼の暴走捜査が始まる。そんな木場にも憧れの女性はいた。同僚の鳥居刑事の妹・恵子だ。デートを重ねながら、彼女の手も握れない木場。独自のトレーニングで禁欲生活を続ける木場だが、抑圧された欲望は爆発寸前だった。

極道刑事sample1
極道刑事sample2
極道刑事sample3
極道刑事sample4
極道刑事sample5
極道刑事sample6
極道刑事sample7
極道刑事sample8
極道刑事sample9
極道刑事sample10
極道刑事sample11
極道刑事sample12
極道刑事sample13
極道刑事sample14
極道刑事sample15
極道刑事sample16
極道刑事sample17
極道刑事sample18
極道刑事sample19
極道刑事sample20
極道刑事sample21
極道刑事sample22
極道刑事sample23
極道刑事sample24
極道刑事sample25
極道刑事sample26
極道刑事sample27
極道刑事sample28
極道刑事sample29
極道刑事sample30
極道刑事sample31
極道刑事sample32
極道刑事sample33
極道刑事sample34
極道刑事sample35
極道刑事sample36
極道刑事sample37
極道刑事sample38
極道刑事sample39
極道刑事sample40
ジャンル
出演女優
発売日 2004年9月17日
メーカー
監督
  • 佐藤佐吉
レーベル
  • TMC

蘭の肉体

蘭の肉体

坂田アキは部下の芳夫を連れて、ある男の所にサラ金の取り立てに行った。アキは恋人のカズのために働いている。芳夫が男をメチャメチャに殴り付けると、男は窓から飛び降り自殺をしてしまう。パトカーのサイレンが聴こえ、アキは半開きのドアの部屋に駆け込んだ。この出会いが部屋の住人・ヒロシの平凡な人生を大きく狂わすのだった。アキの目付きに魅了されたヒロシは、彼女を押し倒すと中へ押し入っていった。一方、カズは組から3千万の取り立てを任され、アキに金の工面を頼む。アキはヒロシを誘ってスーパーを襲い、3千万円を奪う。盗んだ金を持って部屋に戻ると、カズは指名手配のヒロシを追い出そうとする。ナイフを待ったカズとヒロシが揉み合いとなり、カズの方が倒れ息絶えてしまう。ヒロシは“お前のおかげで金を盗み、人まで殺してしまった”とアキをののしる。そんな二人の部屋に芳夫がやって来た。アキは弟のような芳夫の涙を口でぬぐってやると、股間に顔を埋めるのだった。芳夫は昔からアキを愛していた。そんなアキの背中にヒロシがナイフを突き刺した。逃げ惑う芳夫。息絶えていくアキの唇がふっと微笑む。ヒロシはいつまでもアキの頬を撫で続けていた。

ジャンル
出演女優
発売日 2004年7月30日
評価
5.00
メーカー
監督
  • 西村昭五郎

実録阿部定

実録阿部定

「外の光が邪魔なのよ」…。雨戸を閉め、吉蔵(江角)の匂いが、逃げないようにする定(宮下)。もう、この待合で二人っきりになって、どれだけ経つだろう。彼女は布団も代えさせようとはしない。「布団にもこの人の匂いが染み込んでるんだから…。」それが定の言い分だ。二人の交わりは、さらに危険な方向へと進んでいく。吉蔵の首を締める定は、嬉しそうに言う。「吉さんが私の中でピックピクしてる。」だが、吉蔵の体が弱り、一旦家に帰ることを提案したことから、定は彼を絞め殺してしまう。「もう誰にも触らせないよ。誰にも…。」“男”を切り取った定は、吉蔵の足に、敷布に“定・吉二人”“定・吉二人キリ”の血文字を書き、手に“定”と彫り刻む。そう、吉蔵は、ついに定だけのものになったのだ!“誰もがすること”をして“誰もがしなこと”を実在の女性・阿部定!『四畳半襖の裏張り』の宮下順子と江角英明の名コンビを得て名匠・田中登が濃密なタッチで描く究極の男と女の世界!

女囚101 しゃぶる

女囚101 しゃぶる

白く冷たい壁と鉄格子の中、今日も一人の女囚・桃子(あき)が入ってくる。クセのある自己紹介をする彼女を見て、飛び掛かるマキ。どうやら桃子は過去にマキの夫を奪ったことがあるらしい。そんないさかいを冷めた目で見ている珠江(谷)。彼女の頭の中は、塀の外にいる謙一のことでいっぱいなのだ。男運が悪い珠江がようやく見付けた小さな幸せ。それは、歌の上手い青年・謙一との平凡な暮らしであった。だが、珠江は昔の男・赤間から「謙一に自費出版でレコードを出させる」と騙され、金を巻き上げられてしまう。しかも体まで奪おうとする赤間に、珠江の怒りは爆発。発作的に彼を殴り殺してしまったのだ。ことあるごとに当時のことを思い出す珠江。ところがある日、桃子の鼻歌を聴いた彼女は仰天。「何故謙一の持ち歌『叱らないで』を彼女が?」謙一がスターになっていることを知った珠江は、作業場での事故に乗じて、ついに脱走に成功するが…。当時、世間を騒がせた某有名歌手の事件をモデルに描く女の哀歌。監督は『実録おんな鑑別所』シリーズの小原宏裕。

ジャンル
出演女優
発売日 2004年7月23日
評価
4.00
メーカー
監督
  • 小原宏裕
全17件

© えろ動画データベース 2016

WEB SERVICE BY DMM.com